ブログ & Blog


COUNTSTART <2006.4.20>
CALENDAR
PROFILE
≪ARASHI 10-11 TOUR≫
  ●8/21(土)17:30 国立霞ヶ関競技場
     → スタンド10ゲートK列
  ●11/19(金)18:00 東京ドーム

≪KOICHI DOMOTO TOUR BPM≫
  ●10/8(金)18:30 横浜アリーナ
  ●10/9(土)18:30 横浜アリーナ
LINKS
poupegirl


ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
※プーペガールでは「姫ちゃ」という名前です。
tuna.be
NEW ENTRIES
NEW COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

DRECOM RSS


メロメロパーク

一代目「あらちィ」 二代目「きんきィ」
住所⇒3-156-327


住所⇒1-153-555

SPECAL THANKS
OTHERS
SPONSORED LINKS

*HAPPY HAPPY DATE*

嵐が大好きで、光ちゃんも好きなかゎゎのブログです。
(嵐は結成当初から、光ちゃんは家なき子2から応援してます♪)
日々楽しくをモットーに語っていくつもりです☆

 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ジャニーズブログランキング こっそり参加してます!!
 いよいよ明日!

今日はぶっさん、TBSジャックですねぇテレビジョンぴかぴか
私、朝ズバッは見ておりませんが・・・。
ってか、今のところ2時っチャオしか見ておりませんけども。
ピンポンは最後、ちょこっと映ったとこ見たくらいです。
夕方のニュースにも登場するみたいなので、見ーようっと!!
あ〜ついに明日なんだな〜っと、
楽しみでもあり・・・ちょっと寂しくもあり・・・ポロリ

で、翔君もラジオにコメント出演してましたねぇ!「よんぱち」ね!
ウチからは、TOKYO FMはちょっと雑音が入っちゃうんです。
でも、そんな邪魔にはならない程度の雑音なので!!
翔君のコメント、文字に起こしてみたいと思いますー鉛筆

(最初、映画が公開されます〜と)

僕の演じるバンビは今回、
作品を引っ張るキーパーソンとなっておりまして、
木更津キャッツの面々を一つにまとめる役割を果たしています。
ばらばらになったキャッツのメンツが、
どのようにしてぶっさんの死を乗り越えていくのか、
そしてどのようにして一つになっていくのかというのが、
今回の見所となっております!

木更津キャッツアイシリーズの思い出といいますと・・・
ドラマの時にとても寒い冬のさなか・・・
スタッフ・キャストちょこちょこ倒れる人も出てきながら、
撮影していたのが思い出深いです。
そういった意味でいうと、日本シリーズは夏の撮影だったので、
この度ワールドシリーズ、再び冬の木更津に戻って
完結篇を撮るということで少し考え深いものがありました。
共演者の皆さん、同世代の人が多く集まっているので
とても仲良く、にぎやかに、騒がしく、楽しく、やっておりました。

(番組内で鑑賞券のプレゼントについて〜)

以上、櫻井翔でしたー。


upとま〜こんな感じの事を言っておりました!

ドラマの時、冬で倒れちゃう人がいたりとか・・・?
そんな・・・寒いんだ。。木更津・・・。
というか、撮影って深夜とか明け方とか多いからでしょうね。
その時間帯ってホント寒いだろうと思います結晶

で、DJの方が「同世代」を「同性愛」と聞こえちゃったらしく・・・
びっくりしたびっくり と言ってました!!
・・・うん、聞いてて私もそういう風に聞こえましたけども。
「同世代」ですからね!意味がだいぶ違うよ。お聞き間違いなく・・・・苦笑

それから・・・この映画、ものすごい評判いいとのことでしたーひらめき

ホント明日が楽しみですね(≧∀≦)
| かゎゎ | レポもどき(ラジオ) | 15:38 | comments(0) | - |
ジャニーズブログランキング こっそり参加してます!!
 TOMORROW(智くん)

はぁ〜い、『TOMORROW』ですが今日は聞こえが抜群!!
昨日とは大違いです!!さすが、キャプテンぴかぴか
「さすが、さっとさん」っとウチのお母様も大喜びでした。

昨日も今日と同じくらい聞こえてたらな・・・・[:がく〜:]

ではでは、またまたいってみよう〜ひらめき
なんか文字にしていくのが、楽しくなってきたよ・・・。






智 「嵐の大野智です。」
金 「ど〜も、こんばんは。」
智 「こんばんは。」
金 「はい。お招きできて光栄です。」
智 「いやいやいや、ありがとうございます。」
金 「いやいやいやいや、ようこそいらしゃいました。TOMORROWへ。」
金 「あの〜まぁ・・・松潤さんはスケジュールの都合で今回は・・・」
智 「えぇ。」
金 「来られないと・・・」
智 「・・・来られない。」
金 「その分も今日最後に・・・」
智 「はい。」
金 「締めて頂いてと・・・。」
智 「あっ・・・はい。」
金 「という形でよろしくお願いします。」
智 「わかりました。」
金 「あの・・・お風邪をめしてらっしゃる?」
智 「そうなんですよ。もう皆、風邪ひいてるんですよ。」
金 「風邪、大流行り?」
智 「流行ってますねぇ。いきなりきましたよね。ぴっと。」
智 「大変なんです・・・。」
金 「大変なんですね。笑」
智 「笑」

金 「笑 さて、そんな大変な嵐の大野さんなんですが・・・・」
智 「笑」
金 「進行させて頂きます。」
智 「はい。」
金 「今回このコーナーではですね、」
金 「皆さんにこちらの企画をやらせて頂いております。」
金 「嵐のエア人生相談ー!!」
金 「ご一緒に。
金 「・・・・やっております。さすが、リーダー!」

〜 エアギターをやっているらしい。 〜

金 「いつまでやります?これ??もうやめます?」
智 「もうやめます。笑」
金 「はい、そうなんです。皆悩んでるんです。」
金 「悩んでる東京の若者、特殊なマイク・・・」
智 「はい。」
金 「を向けましてですね、あの〜心の叫びを収録して参りました。」
金 「そんな皆さんのお悩みを今日は、大野さんにズバーっと解決して頂こう・・・」
智 「あっ・・・はい。」
金 「と思っております。」
智 「OKで〜す。」
金 「では、早速いってみましょうか!?」
智 「いきますか。」
金 「この人のこんなお悩みです。」


相談1:就職が決まらなくて困っています。早く働きたいです。
どうしたらいいでしょう?

智 「知らないよ〜それは。」
金 「笑 あの〜ご相談なんですよ。」
智 「まっ、きっと大丈夫でしょう!!」
金 「ぉお〜っ!!」


♪〜きっと大丈夫〜♪(智くんの美声)


智 「あっはっはっは〜」
金 「笑 いや、早い〜!」
智 「早いなぁ〜。早かったです。」
金 「そうですか、大丈夫?これはいかにすれば大丈夫なんですかね?」
智 「ただもう、やりたいことやってれば・・・」
金 「別に仕事しなくたっていいじゃないかと。」
智 「しなくたっていいんじゃないすかぁ?」
金 「ほぉほぉほぉほぉ〜。」
智 「生きていけますからねぇ。」
金 「なんとかなるっちゃあ、なんとかなりますねぇ。」
智 「放浪してみたらいいんですよね。」
金 「放浪ね、はいはいはいはい。」
智 「なんか別の国に。」
金 「はいはいはいはい。それはいいですよね。」
智 「なんとかなりますよ。逆に・・・」
金 「そうですよね。意外に何とかなるんですよね。」
智 「意外とね。」
金 「南の国に行くと、大体木にバナナが生えてますからね!」
智 「笑 生えてますからね。困らないですよね。」
金 「そうですよ。」
智 「大丈夫です。」
金 「もう・・・ほんとにね、」
金 「大丈夫だってきっと大丈夫だって気になって参りました。」
金 「次のお悩み、いきましょうか!こちらのお悩み。」


相談2:知らない道に行くのが好きでよく行くんですが、方向音痴で迷って、
自分のいる場所がわからなくなって大変なんですけど・・・。
どうしてなんですかねぇ〜?

金 「どうしてなんですかねぇ?」
智 「いやいや・・・俺に聞かれても・・・」
金 「笑 自分のいる場所ががわからなくなってしまうと・・・」
智 「ほぉ・・・。あっでも、今なんかありますよね?携帯・・・」
金 「GPS?」
智 「自分の居場所がわかるやつ・・・。」
金 「ありますよねぇ。」
智 「あれ、持ってたらいいんじゃないですかねぇ。」
金 「解決だ!こりゃあ。」
智 「笑 これで確実に大丈夫ですよ!!」


♪〜きっと大丈夫〜♪(智くんの美声)

金 「あの〜曲のタイトル、変わってません??」
智 「変わってます。笑」
金 「笑」
智 「♪〜確実に大丈夫〜♪」
金 「いや〜そうですかぁ。いや〜ありがとうございます〜。」
金 「じゃあまぁ〜こんなに簡単に人生相談が解決していくなんて、」
金 「人生も簡単だなぁ〜。」
智 「笑 簡単だなぁ〜。」
金 「では、もう1個いきましょうか!?」
智 「あっもう1個、あるんですかぁ。」


相談3:74歳のお婆様から。
この歳になったら、健康でありたいって事。健康でいつまでも
子ども達の世話にならないように、健康でありたいって事だけ。
あなた方若い子は大変じゃない?これから生きるのはって思うわ。

金 「ということなんですよぉ。」
智 「笑」
金 「笑 これ、お悩みじゃない・・・」
智 「お悩みじゃないですよね。」
智 「人生相談っていうか、・・・望んでる事ですか?」
金 「これは〜でもまぁ〜なんとかね・・・これ、相談・・・」
智 「えぇ。」
金 「はい。」
智 「ま〜ずっと健康でいてほしいですねぇ。」
金 「本人も望んでますからね。」
智 「望んでますからね。」
金 「子どもさんの世話にはなりたくないと・・・」
智 「そうですねぇ・・・一人で健康でね。」
金 「一人で・・・笑 いや、旦那さん、いるかどうかはっきりしないんですけど。」
智 「えぇ。最後まで健康でいてほしいですね。」
金 「最後までね。笑」
金 「そうですよねぇ、最後まで。最後はいつなのか・・・」
智 「わからない。」
金 「わからないですけど。最後まで健康でいてほしいですね。」
智 「えぇ。」
金 「本人、それ望んでますしね。」
智 「そうですね。これ・・・きっと大丈夫って言えないですよね・・・。」
金 「あ・・・言えない・・・・。・・・言えますよ。」
智 「言えますかぁ?」
金 「言えますよ〜。」
智 「僕が言える立場ですかねぇ。」
金 「そうなんですけどね。この方、74歳・・・・」
智 「そうですよね。」
金 「まぁ〜でも・・・言っても・・・大丈夫・・・」
智 「・・・ま〜きっと大丈夫じゃないですか・・・?」


♪〜きっと大丈夫〜♪(智くんの美声)


金 「いやぁ〜ありがとうございます〜。」
智 「いえいえいえいえ・・・。」
金 「いや〜きっと大丈夫でしょう。」
智 「大丈夫ですよね。」
金 「えぇえぇ。」
智 「ここまできたらね・・・」
金 「きっと彼女も、最後まで元気でいれると思います〜。」
金 「はい〜。そんなわけで今夜の人生相談ですが、ありがとうございました〜。」
智 「ありがとうございます。」


 ♪ NA!NA!NA! ♪


智 「お送りしているのは、昨日5月17日にリリースされた嵐のニューシングル」
智 「『きっと大丈夫』のカップリングで『NA!NA!NA!』です!!」
金 「はい!これ、スカですねぇ。元気ですね〜またぁ〜」
智 「初めてですねぇ〜嵐で。スカを・・・」
金 「あぁそうですか、なるほど〜。どうですか?スカやって??」
智 「気持ちがいいですよねぇ〜。だいぶ前に録りましたね。」
金 「そうですかぁ!?」
金 「こういうのって寒い時期に録ったりとかしてるんですよね?」
智 「そうなんですよ〜。去年の冬くらいに。」
金 「あぁ・・・。そうですか。ややこれ、夏向けで。」
智 「えぇ。」
金 「まぁあの〜ライブで盛り上がりそうな感じですけども・・・」
智 「そうですね!」
金 「嵐さん、夏にコンサートツアーがあってね・・・」
金 「リーダー的には、どんなコンサートにしたいですか?」
智 「そうですね〜今回、結構全国で10ヶ所行きますんで・・・」
金 「おっ!」
智 「全部で、29公演で。ま〜お祭り騒ぎですね、やっぱり・・・」
金 「いいですねぇ〜。メンバー同士、仲いいですよね。嵐さんね。」
智 「仲いいですね。」
金 「楽しいんでしょうねぇ?」
智 「えぇ。あの〜金剛地さんも・・・」
金 「参戦したいな〜。仲間に入れてほしいなってずっと・・・」
智 「見に来てくださいよ。」
金 「そうですか!?仲間に入れてほしいってずっと言ってるんですけど、」
金 「カーンって毎回鳴らしたのはあなたじゃなですかぁ!?」
智 「ふははははー」
金 「いやでもね〜、ぜひこの公演見に行きたいと思います〜。」
智 「はい。」
金 「東京近郊では、7月の22・23と8月の29・30の横浜アリーナ。」
智 「はい。」
金 「というわけですねぇ。横浜、好きですか?」
智 「横浜好きです。」
金 「僕、地元横浜なんですよ。」
智 「あっ、そうなんですかぁ!?どのへんですか??」
金 「横浜の山の方なんですけど・・・。」
金 「泉区なんですけど・・・全然、港じゃないとこなんで・・。」
智 「知らないです。」
金 「笑」
智 「笑」

金 「楽しい時間は、ほんとにあっという間なんですよ。」
智 「はい。」
金 「いやね〜もう、お世話になった嵐さん。こうして番組にお招きできて・・・」
智 「はい。」
金 「ほんとに嬉しいと思っております。」
金 「最後にリスナーの方になにか、メッセージをひとつなにか・・・」
智 「そうですねぇ・・・昨日、シングル出たばっかなんで」
智 「『きっと大丈夫』16枚目の嵐のシングル、ぜひとも聴いてほしいし」
智 「あと・・・今回松本潤が出れなかったんで、次回は出させたいと思います。」
金 「はい。次回もね、プロモーションの折には」
金 「またこちらのスタジオに来て頂きたいと思っております。」
智 「はい。」
金 「またエアもね。」
智 「エア・・・」
金 「これからもどんどんやっていきたいと思いますんで・・・」
智 「エアやりますか?これからも?」
金 「やりませんか?もう。」
智 「もう飽きた・・・」
金 「あ・・・飽きた・・・・。そうかぁ・・・。」
金 「今夜の六本木junxionのコーナーには、」
金 「昨日ニューシングル『きっと大丈夫』をリリースした嵐の皆さんに
金 「日替わりで登場して頂きました。松本さんにもよろしくお伝えください。」
智 「はい。」
金 「今夜は大野智さん、リーダーに来てもらいました。」
金 「ありがとうございました〜。」
智 「ありがとうございました〜。」


ってな感じでございました〜パクッ

あっ!!もうこんな時間!!
そろそろ『獣王星』が始まちゃうじゃないですかぁ〜!?
うふふ。今日はやっと、光一トールの登場ですね!!
いやぁ〜めっちゃ楽しみですポッ

| かゎゎ | レポもどき(ラジオ) | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジャニーズブログランキング こっそり参加してます!!
 ON8(智くん)

先ほどの「ON8」の智くんのコメントでございます!!

ではでは、どうぞてれちゃう






春風スニーカーが流れながら・・・


ON8をお聞きの皆さん、こんばんは!嵐の大野智です。
さて、昨日5月17日に嵐のニューシングルが発売されました。
タイトルは『きっと大丈夫』!!
ええ〜ねぇ、この曲はC1000タケダのコマーシャルソングとしても、
前から流れていた曲なんですけども。ついにやっと、リリースされました。
今回の曲はね、結構ねぇ〜この曲はですね・・・
テンポがよく、ノリノリな曲なんでね、
何も考えないで聴いてくれたら、すごいね、HAPPYな気持ちになりますよ。
カラオケでもね、すごい盛り上がるような曲なんで、
ぜひともね、これ聴いてください。

そしてさらに、もう1曲!
コマーシャルでもおなじみの曲がカップリングで、収録されています。
その曲はですね、なんと8&4のCMでも、皆さん聴いたことが
あると思いますが、この曲です。『春風スニーカー』ですね。
この曲もね、すごい爽やかな感じの曲なんでね。
これも歌いや・・・僕はレコーディングの時、結構歌いやすかったですね、これ。
なのでねぇ、たぶん皆さんも口ずさんでも、
結構耳に残るいい曲だと思うんでね。
ぜひともね〜これ・・・こっちもカラオケで歌ってくれたら嬉しいですね。
えぇ、盛り上がります。

そして、最後に・・・
『きっと大丈夫』という今回のシングルのタイトルにちなみまして、
僕、大野智なりの励ましの言葉を考えてみたいと思いますっ!
例えば!!(←声がひっくり返ってる 笑)
まぁこういうね、シュチレーションもよくあると思います。
例えばですよ、えぇ・・・

髪の毛を5センチ切ったのに、誰も気づいてくれないっ!!
ねっ!こんだけね。まぁ僕ならね、こんな励ましの言葉を送りますね。
ま〜ま、きっと大丈夫!たぶん、髪の毛よりももっと輝くものがあったんだよと。
ねっ。こんな感じで僕だったら励ましますね。
皆さん、どうやって励ますかわかんないですけどね、
僕はちょっと・・・ちょっとやらしい感じですね。
そして続いてのシュチレーションはこちら〜!!

また今日も、誰からも携帯メールが届かなかった!!
ねっ。よくありますよね。いや、僕もありますからね。
ま〜どうしたもんかねと、思いますけどね。
ま〜これはですね、いやいやぁ〜きっと大丈夫!
ねっ、あの〜自分から全員にメールを出せば、1通くらい返ってくんだろう!!
ねっ、とかね。こんな感じっすよ。
僕はメール来ない時は、いろんな人にメールいれますよ。
でも、逆にそういう時って返ってこないですっよ。
だからね〜、そういう時もあります。ま〜それは大丈夫ですよ。
明日かかってきますから、ちゃんと。

さぁ!最後です。
ああー、また寝坊しちまった!!
ありますねぇ〜。でもちなみに、僕は寝坊しなくなりましたね。
僕は朝1回寝坊して、それから怖くなったんでね。
いやぁ〜でもね、こういう時はね大丈夫っす。きっと大丈夫っす!これは。
寝すぎたと思えばいいんですよ。ねっ。
僕はこれはうちの社長に言われました。
寝坊したって、寝すぎただけだからって。
あのね〜うちの社長、適当なんでね。
そう言われると、結構気持ちが楽になりました。
たぶんね、ありはありですね。
なのでね、寝すぎたと思ってくださいということでね。
励ましてねぇ〜な、最後は。まぁいいや。
まぁそんな感じでね、あの〜きっと大丈夫な気分になれましたでしょうか?
嵐のニューシングル『きっと大丈夫』というのがこのタイトルなんでね、
ぜひともね、あの〜買ってほしいなと思いますね、このCD。はい。

それでは最後に今日のキーワードの発表です!
昨日の二宮和也くんが言った、キーワードと一緒に書いて送ってください!
えぇ〜キーワードは、○○○o○
です。はい。
抽選で、5名様に嵐のオリジナルグッズ
「コンパクトミラー&あぶらとり紙」プレゼント致します。

それでは、最後に聴いていただきましょう!
昨日リリースされました、嵐のニューシングル『きっと大丈夫』!!
お相手は嵐の大野智でしたっ!!


♪ きっと大丈夫 ♪


ってな感じでございましたチョキ
それにしても・・・
智くんってラジオに一人で出てると喋り方が変わりますよね!!
なんか、めちゃくちゃ滑舌がよいっひらめき

| かゎゎ | レポもどき(ラジオ) | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジャニーズブログランキング こっそり参加してます!!
 ミュ〜コミ(智くん)

智くんが出演した「ミュ〜コミ」の内容でございます。


では、いってみよう〜パクッ





吉田 「メンバーについてお聞きします。」

Q1.櫻井翔さんを一言でいうなら、どんな人?
わ〜・・・大爆笑!!笑

Q2.二宮和也さんを一言でいうなら、どんな人?
坊主!!

Q3.相葉雅紀さんを一言でいうなら、どんな人?
テンション!!
吉田 「テンション?」

Q4.松本潤さんを一言でいうなら、どんな人?
A型!!
吉田 「ほぉ、本当に一言ですねぇ!」
大野 「あっはっはっはー。」

Q5.嵐の中であなたの役割はズバリ、何だと思いますか?
見守り役。

Q6.もし自分が女性だったら、メンバーの中で付き合いたいのは誰ですか?
いない!笑

Q7.目標とする先輩は誰ですか?
ジャニーさん!!
吉田 「おほっほほほ〜笑」
吉田 「あーそこまで・・・そこまでいくんだぁ!!?」

Q8.大野さんにとって、ライバルは誰ですか?
ジャニー喜多川!!笑
吉田 「笑」

Q9.ここだけの話・・・
リーダーと呼ばれることに疑問を感じることはありますか?
ある!

Q10.ズバリ、嵐を動物に例えるなら何の群れ?
ゴリラ!!笑


吉田 「てことで昨日聞いてくださったリスナーの方は、」
吉田 「もうお分かりだと思いますが・・・お待たせしました!」
吉田 「今夜のスペシャルゲストの嵐のリーダー、大野智さんです!」
大野 「ど〜も〜!嵐のリーダー、大野智で〜す。」
吉田 「ということで、今日まずメンバーについてお聞きしたんですが。」
吉田 「櫻井さんは一言でいうと、大爆笑と。」
大野 「翔くんはほんっとね、笑うと面白いんですよ〜。笑い声が。」
吉田 「あの〜笑わせてくれるとかじゃなくて・・・笑い声そのものなんですか?」
大野 「笑い声が面白いんですよぉ。」
吉田 「笑い芸?」
大野 「笑ってる・・・なんつうのかな〜笑ってる声がなんか・・・」
大野 「こっちまで聞いてると笑けてくるんですよね。」
大野 「あはははははは〜ってずっと言うんですよ。」
吉田 「なんとなく、もう国籍が違う人の笑いみたいな感じなんですけど。」
大野 「笑」
吉田 「今の聞くと・・・。」
大野 「それが面白いんですよ〜。」

吉田 「続いて二宮さんは・・・」
大野 「ニノは坊主ですねぇ。」
吉田 「坊主って言うイメージでしたけど。」
大野 「でも、似合うな〜と思います。あの人、坊主。」
吉田 「ほぉ〜」
大野 「昔も1回、Jr.の時に坊主になってるんですよ・・・この人。」
吉田 「あっそうなんですか!?」
大野 「えぇ。そん時にああー似合うなぁと思ってて、」
大野 「ほんでまた今回坊主になってたから・・・」
大野 「やっぱ坊主なんですよ、ニノは。」
吉田 「大野さん、影響受けたりしません?それで。」
大野 「坊主、1回しようかと思ったら・・・ダメって言われて。」
吉田 「笑」
大野 「やめなって言われて。笑」
吉田 「あんまり複数いてもねっみたいなとこですかね。」

吉田 「続いて、相葉さんを一言でいうなら・・・テンション。」
大野 「えぇ。・・・テンション、高いっすよねぇ。」
大野 「あっでも、一人でテンション高くなってるから面白いんですよね。」

吉田 「そして、最後松本さんが一言でいうなら・・・A型。」
大野 「はい。いやぁ〜もう、A型だなって思いますよ。」
大野 「あっ、この人がA型なんだっと思いますよ。」
吉田 「ちなみに大野さんは?」
大野 「A型です。」
吉田 「笑 あれぇ〜?」
大野 「笑 嵐は相葉ちゃん以外は、みんなA型なんですよ。」
吉田 「それなのに、A型とはこの中でもし・・・代表を選ぶなら絶対松本さん・・・」
大野 「えぇ。でも他のメンバー・・・A型。相葉ちゃん以外A型だけれども・・・」
大野 「そんなA型を感じたことがない・・・。」
大野 「松潤はやっぱ、あっ松潤はやっぱA型だ〜!って思う。」
吉田 「なんか、そういうエピソードがあったんですか?」
大野 「1回ね〜気になったのが、これは絶対だと思ったのが」
大野 「よくロケ弁とかで割り箸を割った後に、そのまま食べるんじゃなくて・・・」
大野 「割った割り箸のちょっととげとげしいところを、こう・・・」
吉田 「あ〜」
大野 「しゅっしゅっって。」
吉田 「あの〜ときどき・・・こういっちゃなんですけど、」
吉田 「ちょっとおじさんがやられている行動ですよねぇ。」
大野 「笑」
吉田 「お父さんとかがこう・・一生懸命、けば取ってる・・・」
大野 「けば取ってる・・・なんかこうさりげな〜くやるから。」
大野 「ああ〜A型だぁ!この人!!と思って。」

吉田 「そして、メンバーの中で付き合いのは誰もいないという話だったんで・・・」
大野 「えぇ。」
吉田 「とんで・・・目標とする先輩、そしてライバルが・・・ジャニーさん!!」
吉田 「社長ですか!?」
大野 「社長です。笑」
吉田 「社長ですか!ライバルは。」
大野 「笑」
吉田 「言ってる時に目が完全に笑ってるんですけど!笑」
大野 「笑」

吉田 「そして、リーダーと呼ばれることに疑問を感じることがあると・・」
大野 「えぇ。」
吉田 「おしゃってますが・・・」
大野 「いやでも、最初ありましたね。」
吉田 「ほぉ〜」
大野 「その〜最初、少年隊の番組かなんかで」
大野 「嵐デビュー当時に出させてもらって、」
大野 「そん時にリーダーがいなかったんですよ。最初・・・。」
吉田 「あっ、まだ決まってなかったんですか!?」
大野 「決まってなかったんですよ。」
大野 「そんでいないんだ、じゃあお前らジャンケンしろよって言われて・・・」
吉田 「えっ?・・・・ジャンケン??」
大野 「東山さんに言われたのかな?」
大野 「そんでジャンケンして、僕勝ったんですよ!」
大野 「ああ、やったぁ!!リーダーから逃れたぁ〜!!と思ったら」
大野 「僕だけ勝ったんですよ。ああ!大野、リーダーだ!!っと。」
吉田 「笑」
大野 「そっからリーダーになったんですよ。」
吉田 「あぁ〜。リーダー業務してますか?」
大野 「何にもしてないから・・・」
大野 「ほんで最近、皆が言うからリーダーって普通に・・・」
大野 「まとめるんだとか思われると・・・」
吉田 「えぇえぇ。」
大野 「ちょっと困りますよねぇ。まとめれないから〜笑」
吉田 「笑 ややこしい名称がついちゃったみたいなもんだよね。」
大野 「そうぉ!」
吉田 「呼ばれ方として・・・」
大野 「最近ねぇ・・・リーダーどころかキャプテンとか言われるんすよねぇ。」
吉田 「笑」
大野 「俺、なんのキャプテンだよぉ!とか思って・・・」
吉田 「笑 一応まぁ〜ヘッド的な立場ではあるんですよね。」
大野 「えぇ・・・」

吉田 「では、今日発売になりました。」
吉田 「ニューシングル、聴かせて頂きたいと思います!」
大野 「はい!」
吉田 「では曲紹介、お願いできますでしょうか?」
大野 「はい。嵐で『きっと大丈夫』!!」


♪ きっと大丈夫 ♪


吉田 「嵐の大野智さんにお付き合い頂いておりますが・・・」
大野 「はい!」
吉田 「はい、ここからはですねぇ、」
吉田 「昨日と同じくリスナーの方からの質問メールに答えて頂きたいと。」
大野 「はい。」
吉田 「思いますが・・・『もしも自分がリーダーじゃなかったら、
吉田 「他のメンバーで誰がふさわしいと思いますか?』」
大野 「ううーん・・・・・翔くんじゃないですかぁ。」
吉田 「あーそれはもう、リーダーシップとかを感じる?」
大野 「えぇ。つうか、たまに仕切ってますからね。」
吉田 「あ〜てことは・・・あの〜・・・実質そうなんじゃ?」
大野 「うん!だから僕は裏リーダーです。」
吉田 「笑」
大野 「笑」
吉田 「いや、間違いなく表なんだけど、」
吉田 「ややこしく裏のリーダーなってるんですね。」

吉田 「続いて・・・『曲のたいとるはきっと大丈夫ですが、過去に大野さんの中で
吉田 「あれはやばかったと思うような出来事があれば聞かせてください。』」
大野 「ほぉ〜・・・でもよくライブで、よくありましたね。」
吉田 「あ〜一発勝負ですもんね。お客さんも目の前にいるし・・」
大野 「えぇ。昔SMAPの・・・Jr.の時にバックについてたことがあって・・・」
大野 「そん時に、2回公演だったんですよ。」
大野 「ほんで、1回目のMCで僕、楽屋に帰ってたんですよ。」
大野 「時間があったんで。」
吉田 「はい。」
大野 「ほんで・・・寝ちゃったんですね、楽屋で。」
大野 「そしたら1回目、終わってたっていうのが。」
吉田 「笑」
大野 「笑」
吉田 「もうそれって、誰か起こしてくれないのかなっていうのは・・・」
大野 「ああ〜それはたぶん・・・起こさなかったんですよ、わざとみんな。」
吉田 「面白いから・・・?」
大野 「そんで、みんな2回目のオープニング衣装着てんですよ。」
大野 「2回公演目の。」
吉田 「はいはいはいはい。」
大野 「で、俺は起きた瞬間・・・絶対これはドッキリだと思った。」
吉田 「あ〜あ〜あ〜」
大野 「わざとみんな、オープニングの衣装着てんだぁと思ったら、」
大野 「ほんとに1回目、終わってて・・・・・あれは、パニくりましたね。」
吉田 「あの〜・・・」
大野 「今だったら面白かったですけどね。」
吉田 「いや・・・そうですよね。相当な大事件だと思いますけど。笑」
大野 「笑」
吉田 「だって、今度夏にツアーとかあるわけじゃないですかぁ。」
大野 「はい。」
吉田 「はいこれは、7月9日にスタートして8月30日まで。」
大野 「はい。」
吉田 「全国10ヶ所29公演ということなんですけど・・・」
吉田 「ここでそういうことがあったら、えらい大変な事ですよねぇ。」
大野 「そうっすねぇ。」
吉田 「あれ?大野くんいない!!みたいな。」
大野 「あの・・・メインですからねぇ。」
吉田 「そうですよねぇ。」
大野 「笑」
吉田 「そん時は起こしてくれるかな?さすがに・・・」
大野 「えぇ・・・」

吉田 「そして16枚目のシングル『きっと大丈夫』が発売に・・・」
大野 「はい。」
吉田 「今日なっておりまして・・・」
大野 「はい。」
吉田 「この先の事をあえて、ここで聞かせて頂きたいんですけれども。」
大野 「はい。」
吉田 「実は、映画関係のことがぽろぽろと嵐的には決まっているっと。」
大野 「はい、そうですねぇ。」
吉田 「まずは、櫻井翔さんが主演する『ハチミツとクローバー』が」
吉田 「夏に公開されるんですけど」
吉田 「そのエンディングソング『アオゾラペダル』が、作詞作曲が」
吉田 「スガシカオさんということで、夏に発売されるそうなんですが・・・」
大野 「はい。」
吉田 「映画、1個ありますよねぇ。もう1個・・・来年の春に」
吉田 「昨日もちょっとお知らせしたんですけど、嵐主演映画『黄色い涙』が」
吉田 「犬童一心監督、市川森一脚本で、映画化されると。」
大野 「はい。」
吉田 「出演されるということですけど・・・」
吉田 「あの〜正直、僕はピカ☆ンチとか大好きで見てるんです。実は。」
大野 「あっそうなんですか!?」
吉田 「そうなんです。」
大野 「おほほほ〜」
吉田 「嵐映画って俺、面白いと思ってるんですよ。」
大野 「笑」
吉田 「ほんとに。で、これで犬童一心監督って」
吉田 「ものすごい漫画原作等多くて、凄い期待してるんですけど・・・」
大野 「ほぉ〜。今回犬童監督は、僕はどういうふうに進めていくのか」
大野 「わかんないからたぶん・・・面白いな〜と思いますよ。今回。」
大野 「今回は昭和38年という設定だし・・・」
吉田 「えぇ。」
大野 「どういう雰囲気になるか、わかんないすけど・・・結構楽しみですねぇ。」
吉田 「だって市川森一さんとかって、日本の脚本家で」
吉田 「上から数えたほうが絶対早い人・・・いう方ですからねぇ。」
大野 「はい。」
吉田 「個人的にすごい期待してますんで。」
大野 「あっ、頑張ります。」
吉田 「頑張って頂きたいと思います。」
大野 「はい。」

吉田 「そして2日続けてゲストに来て頂いたんですけども・・・」
大野 「はい。」
吉田 「ここでまたお別れに1曲、聴かせて頂きたいと思いますが・・・」
大野 「はい。」
吉田 「曲紹介頂いてもよろしいでしょうか?」
大野 「はい。嵐で『春風スニーカー』!!」

春風スニーカーのイントロが流れながら・・・・

吉田 「はい、先ほどおかけした『きっと大丈夫』の」
吉田 「カップリングの曲でございます。」
大野 「はい。」
吉田 「ということで、昨日今日とゲストに来てくれたのは」
吉田 「嵐の大野智さんでしたー。どうもありがとうございました〜。」
大野 「ありがとうございました〜。」


♪ 春風スニーカー ♪


ってな感じでございましたぁ〜ぴかぴか

| かゎゎ | レポもどき(ラジオ) | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジャニーズブログランキング こっそり参加してます!!
 ON8(ニノ)

さてさて、『ON8』の内容を書いてみたいと思いますウィンク
ってか!!絵文字が増えてるぅ〜!!!
いやぁ〜びっくりですっ!
なんか、おかしなことになってるかと思って焦ちゃいましたよぉ〜ひやひや
そいで、早速つかってみてる私。うふふ。

ではでは、書いていきたいと思いますメモ鉛筆






 春風スニーカーが流れている・・・。

ON8をお聞きの皆さん、こんばんは!嵐の二宮和也です。
え〜今日はなんと、5月17日・・・僕の誕生日の1ヶ月前、
ほんとジャスト1ヶ月前なんですけども、そうなんですよ・・・。
この間、ハタチを迎えたと思ったら、もう23ですよって。
このセリフすごいよね。笑
だからもう〜この人自身も、ああーもう二宮くん23歳なんだって、
思ってるってことでしょう!ねっ!!
でもそう〜5月17日は、
嵐のニューシングル『きっとだいじょうび』の発売日!

ねっ!あれ?なんかおかしかったぁ?
大丈夫!!うん。大丈夫って言ってなかったね、今!?
だいじょうびって言ってた?
ま〜適当すぎるね。よくないよ、そういうことは。
『きっと大丈夫』だから。これの発売日でございます。
シングルとしては、6ヶ月ぶりだと。
・・・え?2006年初めてのシングルなんですか!?
そういうことだね〜ああー素晴らしい!!そっかぁ〜6ヶ月ぶりだと。
もうだって・・・半月まわろうとしてるよね。
あと、半年か!!半年まわろうとしてるよねぇ。
・・・・はぁ〜。そっかぁ。
ま〜初めてのシングルになるということでございまして、
このシングル『きっと大丈夫』なんかは、たぶんでも・・・
去年のうちには録ってるはずですよ!
たぶん・・・『春風スニーカー』とかも〜。
これC1000タケダのやつでしょ!?CMのやつで流れてるじゃないですかぁ。
で、そのもういっこの『春風スニーカー』っていうのが、
あの〜収録されてるんですけど、それもコマーシャルのやつだから。
そう!結構前から録ってるよね!!あれたちはね。
そうなんすよ〜。
だから、J-SOTRM的にいうと・・・あっためてきた名曲ってことですよね。
えぇ、間違いないですよ。J-STORMはそういうの好きですからね。
そういうパターンの曲ですけど、16枚目になると。
この曲自体もね、どっちもだとは思いますけども、CMで流れてるから。
もう発売する前からね、聴いてるね。
皆聴いたことあるな〜なんて思ってる人もいると思いますが、
ぜひともね、皆さんにね、聴いて頂きたいという風に思うんですけども、
今日5月17日発売の嵐のニューシングル『きっと大丈夫』、
皆さんよろしくお願いしますと。

そして、明日木曜日はですね、嵐のメンバーから大野智くんが・・・
『ON8』にスペシャルメッセージを届けてくれそう!!
ということで、シングルのタイトルにちなんだ
スペシャルコーナーもお届けしてくれるそうなので、
ぜひとも、皆さん明日もぜひ聞いて頂きたいな〜なんて思いますけども。

そして、bayfmといえばですね、忘れないで頂きたいんですけど、
毎週日曜夜10時から、僕がやっておりますレギュラー番組『baystorm』!
4月からスタートしたコーナーもありますし、
メールフォーム限定のクイズの企画もありますから、
ぜひとも皆さんねぇ、
そっちの方にも遊びに来て頂けたらななんて思いますので。
ぜひともね、『baystorm』聞いてください!!

え〜では最後にですね、プレゼントのお知らせだと今日と明日の2日間で、
僕と大野くんが出すキーワードを書いて送ってくれた方に、
嵐のオリジナルグッズ・・・・コンパクトミラー&あぶらとり紙
をプレゼントしたいと思います。
2日間の両方のキーワードを書いてください!
え〜この2つのキーワード・・・2つのキーワードっていうことでね。
明日の大野くんのキーワードと今日の僕のキーワードを合わせて、
送ってきて頂けると5名の方にプレゼントさせて頂きたいと思います。
じゃあ、今日のキーワードの発表です!!
キーワードは・・・・○○○ ○○○

ということで、嵐の二宮和也でしたぁ〜。
それでは最後にね、聴いて頂きましょう!!
今日リリースされましたぁ、嵐のニューシングル『きっと大丈夫』!!
お相手は嵐の二宮和也でしたぁ〜!!

♪ きっと大丈夫 ♪


ってな、感じでございましたぁ〜チョキ
それでは、引き続き「ミューコミ」の方も頑張って文字にしちゃおうかなぁ
と思います!!あはは。
何、頑張ちゃってるんだろうイヒヒ
| かゎゎ | レポもどき(ラジオ) | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジャニーズブログランキング こっそり参加してます!!
 TOMORROW(翔くん)

あっ、ニノが出た「ON8」より先に「TOMORROW」の方を書いちゃったよ。
ま〜ま〜、ええかぁ。

それにしても、今日は雨あめが降っていたせいか・・・
「TOMORROW」が聞きづらかった・・・。
雑音がかなり多くて汗
もぉ〜う!!肝心な翔くんの出演の日だっていうのにぶー
とって〜もショックでしたわ。
だから、聞こえなかったところが結構ありましたので・・・






翔 「櫻井翔です。よろしくお願いします。」
金 「よろしくお願いします。いやいや〜どうもどうも。」
翔 「どうもどうも、その節は。」
翔 「ってか俺、金剛地さんのこの番組聞いたことがありまして。」
金 「ホントですかぁ!」
翔 「びっくりしたんですよぉ〜。」
金 「いやいやいやいや。」
翔 「なんかねぇ〜金剛地さんの喋りが、」
翔 「エアギターをしてる時と全然テンションが違うくて。」
翔 「はい、どうもこんばんは。金剛地武志です。ってなんか色男路線で。」
金 「はい。」
翔 「金剛地さん、ベタとか思って・・・・。」
金 「笑 モテようとしてるだろうみたいな。」
翔 「そんなことないですよ。いやいや、かっこいいなぁと思って。」
金 「いやいや、ありがとうございます〜。」
金 「その節は、本当にお世話になりまして・・・」
翔 「いやいや、こちらこそどうもありがとうございました。」
翔 「この間僕、大阪で舞台やってたんですけど・・」
翔 「舞台会場に、エアギター大阪大会のお誘いみたいなのがありまして。」
翔 「そこまで・・・。笑」
金 「笑」
金 「実際に出られたらやばいんじゃないかと、周りによく話してます。」
翔 「やってる時は練習してましたから。」

金 「このコーナー、今週から始まりましたけども、」
金 「嵐の皆さんと一緒にこちらの企画をやっていっております。」
金 「嵐のエア人生相談!!

翔 「いいねぇ〜。」
・・・・・
翔 「ラジオなのにエアやってる人、初めて見たぁ。」
翔 「伝わんないよ〜。」
金 「わかって頂けてるんじゃないかと思って。」
翔 「たぶん、わかんないんじゃ・・・」
金 「私も悩んでおります、皆悩んでおります。」
金 「大都会で悩んでいる心の叫びを特殊なマイクで、おさえて参りました。」
金 「今週はそんな悩みを櫻井さんにズバッと斬って頂こうと思います。」
翔 「斬れるものならいいんですけど・・・」
翔 「なんか・・・絶対外国の方出てくるでしょ!?今日、大丈夫ですかねぇ。」
金 「どうでしょうねぇ。」
翔 「楽しみでもあり、不安でもあるんすけどぉ・・・。」
金 「はい。まぁそうですね。」
翔 「まぁ頑張りますんで。」
金 「では、早速参りましょう。こんな内容。」

相談1:貯金が貯まらないんですけど、どうしたらいいでしょうか?
翔 「やっぱりこれはこう使ってしまうというね・・・」
翔 「何気ない環境で・・・、」
翔 「お金を貯めていく習慣をつけることがいいんじゃないですか?」
翔 「よく貯まるあの〜500円入れて貯金するやつあるじゃないですかぁ!」
金 「はい。」
翔 「あれ、二宮くんやってましたよねぇ。」
翔 「そう!二宮くん500円貯金やってるんですよ。」
金 「ほぉ〜二宮さんいくら貯めたんですかね?」
翔 「1万くらい」(←間違ってるかも。)
金 「20万とか、50万とかありますねぇ。」
翔 「30万。何気なく入れていくだけでも、どれくらいかかるか」
翔 「わかりませんが・・・30万が貯まっちゃうわけですよ。」
金 「貯まるんですよねぇ。」
翔 「こうしたらば、まぁきっと大丈夫でしょう!」

♪〜きっと大丈夫〜♪(智くんの美声)

金 「ありがとうございます〜。」
翔 「なんか真面目に考えないほうがいいのかなぁ。」
金 「笑」
翔 「なんか恥ずかしくなっちゃったぁ〜。」
金 「真面目にやってくださいよ〜。真面目な話ですから〜。」
翔 「ホントですかぁ。それ聞いて安心しましたよ。」
金 「まぁ〜そうですよね。お金はちょこちょこ貯めてけば必ず貯まると。」
翔 「そういうことですよ。」
金 「はい。」
翔 「金剛地さん、あれですか?浪費家っすか?」
金 「僕全然、浪費家じゃないんで。実は僕も500円貯金やってるんで。」
翔 「なんかやってそう、金剛地さん。」
翔 「やってそう!やってそう!!」
金 「500円玉ができるとね、そこに入れてるんですよ。」
金 「僕のやつはね、お金を作った・・・」
金 「いらなくなったお金を裁断して、固めて作った貯金箱なんですけど。」
翔 「つか、そんなんあるんですかぁ。」
金 「あるんですよ。」
翔 「なんとなく、貯まりそうっすね。」
金 「お金はほらっ、お金を持ってるとそこに集まるから。」
翔 「あぁ〜」
金 「お金は寂しがり屋なのよ。」
翔 「そういうこと言ってくださいよ。人生相談で言ってくださいよ。」
金 「そういう話はいらないっしょ。」
金 「まぁ〜そういうことですから、次のお悩みいきましょう。」


相談2:引き笑いができないんですけど、
    どうしたら上手く引き笑いができるようになりますか?

金 「どうですか、これ〜?」
翔 「やっぱだめだ〜。やっぱこういうスタンスだもんなぁ。」
翔 「俺も結構引き笑い気味なんですよ。」
金 「そうなんですか。」
翔 「現場とかで、静かにしなきゃなんない時に笑うと・・・」
翔 「俺の声ものっすごい響くんすよ。」
翔 「ひっていうか、どんな笑い方なんだろうな?」
翔 「とにかく響く笑い声で、それもちょっと悩んでるんですけど・・・」
翔 「迷惑がられるんすよ。」
金 「あぁーどうしたらいいんでしょうねぇ。引き笑い・・・。」
翔 「もう笑わなきゃいいんじゃないですか?」
金 「あ〜あ!」
翔 「わからないっすけど。もうなんに対してもしゃに構える的な。」
翔 「世の中つまんねぇよ的な。くそくらえ的なスタンスでいれば、」
翔 「そしたらね、なにがあっても笑うことはないんじゃないかと。」
金 「うんうんうんうん・・・。」
翔 「だからもう、その〜笑うっていう楽しいことを考えないというか・・・」
金 「ああーもうね。」
翔 「喜怒哀楽の喜と楽、取り除いてしまえば・・・きっと大丈夫!!」

♪〜きっと大丈夫〜♪(智くんの美声)

金 「そっかぁ〜ありがとうございます〜。」
翔 「いや、ありがとうございますって・・・全然ちゃんと答えてないんすけど。」
金 「大丈夫ですよ。引き笑いいい。」
金 「引き笑いってそれは、押し笑い。」
翔 「引き笑いの逆は押し笑い!?」
金 「押し笑いをした後に足りなくなるから、引き笑いになるんですね。」
翔 「アコーディオン的な。」
金 「ありがとうございます。」
翔 「お礼言われちゃった〜。」


♪ きっと大丈夫 ♪


翔 「お送りしたのは、今日発売した嵐のニューシングル『きっと大丈夫』。」
金 「曲に対する思い、ございますか?」
翔 「ラップを書かせていただいて、その時に話を聞いてたんですけど」
翔 「一応・・・C1000、ドリンクの。」
翔 「C1000自体が女性を応援するっていうコンセプトがあって。」
翔 「OLさんだったり、学生さんだったり応援するっていうのを聞いて」
翔 「結果的には、OLさん的なラップリリックを書かせて頂いたり。」
金 「ラップのリリック、よく書かれてますよね。これは担当なんですか?」
翔 「ここ何年か、書かせて頂いてます。」

金 「そして、映画『ハチミツとクローバー』。」
翔 「はい。」
金 「これはどんな映画なんでしょうか?」
翔 「あの〜人気コミックの『ハチミツとクローバー』の」
翔 「映画化になる作品なんですけど、美大の設定で。」
翔 「全員が片思い。男の子3人、女の子2人の話の全員片思いという話です。」
翔 「全体的とおすと可愛らしい感じで、心が胸キュン的な作品になってます。」
金 「いいですねぇ。もう櫻井さん、大学は卒業なさって・・・。」
翔 「ああ、そうです。」
翔 「まぁ〜なんかあの〜メンバー皆で海に行ったりとかいう・・・」
翔 「シーンがあるんですけど・・・。」
翔 「僕は学校行ってる時は、あんまりできなかったので」
翔 「・・・ちょっと羨ましかったり・・・」
金 「あぁ〜。いいなぁ〜僕も美術大学に行ってたんですけど。」
翔 「あーそうなんですかぁ。」
金 「なんかそういうのでもう一回・・・青春したいな。」
翔 「見てくださいよ〜。青春取り戻しますんで。」
金 「はい、行きます。必ず。」
金 「2006年の夏、全国ロードショーですね。」
金 「エンディングテーマも嵐が。」
金 「これまたリリースの時には、TOMORROWきてください。」
翔 「はい、ぜひ。また呼んでくださいよ。」
翔 「喋り倒しますよ。」
金 「TOMORROWがまだあるかどうかね・・・」

金 「楽しい時間は本当にあっという間です。」
翔 「あっもう終わりっすかぁ!?」
金 「はい。なんか、リスナーの方にメッセージを。」
翔 「あっそうですねぇ。今日『きっと大丈夫』がリリースされましたので、」
翔 「ぜひきいてください!!よろしくお願いします!!!」
金 「金剛地武志がお送りしているTOMORROW、」
金 「今夜の六本木junxionのコーナーには」
金 「今日、シングルをリリースした嵐の櫻井翔さんに来てもらいました。」
金 「ありがとうございました。」
翔 「ありがとうございました。」


ってな感じでございました〜パクッ

| かゎゎ | レポもどき(ラジオ) | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジャニーズブログランキング こっそり参加してます!!
 ミュ〜コミ(智くん)

本日、松潤の入所日ですねぇ〜ひらめき
祝10年!!!
10年、松潤が10年・・・。いやぁ〜時が経つのって早いもんですねぇ。笑
なんか年寄りくさいですね、私・・・。

いやいや〜、本当におめでとうございま〜すおてんき


さてさて、昨夜の「ミューコミ」ですが、
内容を書いてみちゃおうかなぁ〜と思いますチョキ
なんて、暇人なのこの子は・・・・なんてぇのは思わんでください。笑
それではよし!!頑張るゾ〜!!!






Q1.初めて買ったマンガは?
「ドラゴンボール。」

Q2.今読んでいるマンガは?
「ない。」

Q3.子供の頃、初めて買ったCDは?
「ガラガラヘビが、やってくる 笑」
吉田 「とんねるずの!?」
大野 「とんねるずの。」

Q4.自分達以外でよく聴く音楽は?
「洋楽!!」
吉田 「もうちょっい具体的に〜。笑 洋楽なら何だろう?」
大野 「最近・・・最近なんだろ?最近あんま聴いてないな・・・フィーリング!!」
吉田 「フィーリング・・・?」
吉田 「フィーリングっていうアーティストがいるわけじゃないですよね??」
大野 「じゃないです。」
吉田 「じゃないですよねぇ。」
大野 「最近はフィーリングで聴いてます。」

Q5.ニューシングル『きっと大丈夫』を一言でいうとどんな曲?
「ラキラキ♪って感じ!!笑」
吉田 「笑」
大野 「ラキラキ♪って感じ!!」
吉田 「ラキラキ♪って・・・ラキラキぃ・・・言語が出来ねぇ。」

Q6.今年一人でおこなったソロライブの感想を一言でいうと?
「え〜・・・楽しかった。」
吉田 「こっちは普通なんだぁ〜笑」
大野 「え〜・・・笑」

Q7.ドラマ、バラエティ、舞台、ライブと幅広く活躍していますが、
個人的にはどれが一番向いていると思う?
「うぅ・・・・意外に向いてない!!笑」
吉田 「いやいやいや、結構選択肢ありましたよ!?」
大野 「いやいや、何だろうな・・・ライブ!!」

Q8.ジャニーズに入っていなければ、どんな仕事をしてた?
「これね・・・これ、わっかんない!」

Q9.嵐のメンバーでは一番年上ですが、
最近年とったかもを感じる瞬間はどんな時?
「胃もたれ。笑」

Q10.もし嵐が吹き荒れたら、何を持って逃げる?
「母ちゃん!」


吉田 「ということで、今日も10問の質問から入らせて頂きましたが、」
吉田 「もう声の主がどなたなのか・・・もうお分かりだと思います。」
吉田 「お待たせしました!今夜のスペシャルゲストは・・・」
吉田 「嵐のリーダー大野智さんです!!」
大野 「どーもー!」
吉田 「よろしくお願いします。」
大野 「お願いしま〜す。」
吉田 「今いきなりテンションがくあ〜っとあがりましたけども、」
大野 「笑」
吉田 「質問中わりと心配になってました。何回か。」
大野 「あはっははー!笑」
吉田 「大丈夫なんだろうかって。」
大野 「ねぇ。久々です、質問されたの。」
吉田 「質問されるタイプの仕事じゃないですか?」
大野 「いや、なんかこんな感じに質問されたの初めて。」
吉田 「だからかな?あの〜読んでいるマンガは何ですか?・・・ない。」
吉田 「とかですね・・・。よく聴く音楽も・・・洋楽でフィーリングだったりですね。」
吉田 「茫洋とした答えが非常に多かったです。」
大野 「ちょっとまぁ〜そう洋楽ばっか聴いてて、」
大野 「でも最近は昔ファンの子に貰ったの見たら、」
大野 「フィーリングって書いてあって・・・」
大野 「それ聴いたら結構あーって和むな〜って。」
吉田 「いわゆるなんすか・・・イージーリスニングみたいな、そういうやつ?」
大野 「なんか・・・例えばなんだろ、ラピュタのなんか・・・」
吉田 「あ〜映画音楽の・・・」
大野 「映画音楽系のなんかがずっと流れてるやつ。」
大野 「これが意外と癒されるんです。」
吉田 「普段は自分でCD買いに行って・・・」
吉田 「これいいなと思ってよく調べてるジャンルとかないんすか?」
大野 「ないっすねぇ。」
吉田 「な・ないんですかぁ!?」
大野 「ないんです。洋楽も全部ウチの母ちゃんが」
吉田 「笑」
大野 「これ、これ聴きなよ!!これいいから!!って。」
吉田 「母ちゃんに洋楽すすめられたこと、俺・・・ないですけど。」
大野 「笑 母ちゃん、洋楽好きなんですよ!」
吉田 「お母さんは一体何を選曲して・・・」
吉田 「こう、母ちゃんDJはかけてるんですか?」
大野 「ディスティニー・チャイルドとかね、それはちょっと前かなぁ?」
吉田 「ちょっと前かもしれないですけど・・・」
吉田 「ディスティニー・チャイルドをお母さんが推薦で聴いてる人って、」
吉田 「あんまりいないですよねぇ〜。」
大野 「笑 母ちゃんから全部知りましたね。」
吉田 「でもそのディスティニー・チャイルドの・・・」
吉田 「流れてるところでお母さんリアクションとか気になりますけど・・・」
吉田 「どんな感じなんですかね?」
大野 「ぼけーっと聴いてますよ。」
吉田 「笑 別に慌てて、踊りとかの影響を受けるわけではないですね。」
大野 「ないですね。」

吉田 「それからですね、ニューシングル『きっと大丈夫』を一言でいうと」
吉田 「どんな曲のところが、すいません・・・。」
吉田 「さっきどうやって書きとめようと思っても、日本語にならなかったんすよ。」
吉田 「あぎあげぇ♪みたいな感じだったんすけど。」
大野 「ラ、ラキラキ!」
吉田 「ラキラキ!!」
大野 「サビがね・・・」
吉田 「あ〜!」
大野 「ラキラキ♪っていうんですよ。」
吉田 「そうかぁ・・・。」
大野 「ラキラキベイブ♪って。」
吉田 「あら、それ歌詞的には何て言ってるんでしたっけ?」
大野 「ラキラキ♪」
吉田 「あっ歌詞的にも、もうラキラキって言ってるんですね。」
大野 「ラキラキ♪って言ってますね。」
吉田 「すでに。じゃあもう一言でいうとその部分が一番聴かせどころ。」
大野 「はい。だからタイトルも『ラキラキ』でよかったんじゃないかなって」
大野 「思うぐらいなんですけど。」
吉田 「あ〜。」
大野 「これ、でも聴きやすいですよ。」
吉田 「そしてこのシングルが実は・・・ちょうど先ほど24時を過ぎて、」
大野 「おう!」
吉田 「見事発売となりました!発売でございます。」
大野 「ありがとうございます。」

吉田 「そして今、ラジオに出て頂いてますけども・・・」
吉田 「ドラマ、バラエティー、舞台、ライブと幅広く活躍していますが、」
吉田 「個人的にはどれが一番向いてると思いますか?・・・ライブ!!」
吉田 「だけどその前の答えがどれも向いてないんじゃないかって・・・。」
大野 「あっはっはっはー。笑」
吉田 「という答えだったんですけども。」
大野 「ライブですね、やっぱ!よ〜く見たら。」
吉田 「今年の場合は1月から2月にかけて、ソロライブを全13公演。」
大野 「13公演。いやぁあの〜、あっという間でしたね。」
大野 「ただ今回、ソロライブは緊張すんのかなぁって思ってたけど、」
大野 「本番に近づくにつれて・・・なんか緊張がどんどんなくなってきて・・・」
吉田 「はい。」
大野 「大丈夫か、俺って思うくらい緊張なくて・・・・」
吉田 「あんまり緊張とか、何にもしないタイプですかぁ?」
大野 「そこまでしないですねぇ。」
吉田 「じゃあ逆に、ドラマとかバラエティーとか」
吉田 「そういうのだと緊張したりするわけですか?」
大野 「ドラマとかのが緊張するんじゃないすか!?うん。」

吉田 「嵐のメンバーで一番年上ですが、最近年とったなと思う瞬間は・・・」
吉田 「胃もたれ。」
大野 「胃もたれって何だぁ?って思ってて、昔まで。」
大野 「ほんで最近、胃がなんかだら〜んとしてる感じ・・・。」
大野 「これかぁ!!と思って」
吉田 「ああー。」
大野 「25で来るんだぁ!と思って。笑」
吉田 「笑 今まで・・・肩こりとかもわかんない人とかいるじゃないですか!?」
大野 「うーん。」
吉田 「肩こりしたことないからわかんないというような。」
吉田 「そういうのはありますか?」
大野 「肩こりはないんですよ。」
吉田 「あっ今でもない!?」
大野 「ないんすよ。それはまだわかんないです。」
吉田 「基本的に、まだ消化器系にしかまだきてないんですね。」
大野 「えー。」

吉田 「そして〜最後、」
吉田 「嵐がもし吹き荒れたら何を持って逃げますか?・・・母ちゃん。」
大野 「これ・・・なんか昔、どっかで言った事があるんですよ。」
大野 「あの〜もし地震が起きたら何を持ってくかって。」
吉田 「ほぉ。」
大野 「その時、母ちゃんっていった記憶があって。」
吉田 「ほぉ。」
大野 「・・・じゃあ、母ちゃんと思って。」
吉田 「筋通さなきゃ。ちゃんと筋をこう通していかなきゃいけない。」
大野 「笑 そうそう。」
吉田 「でもあの・・・どうなんすかね?」
吉田 「持って逃げられたいんですかね・・・、お母さん?」
大野 「いやぁ〜うざったいんじゃないすかねぇ。」
吉田 「笑 普段なんかどういう会話をしてるか、垣間見れるんですけど。」
大野 「はい。」
吉田 「そうすると、ものすごいお母さんがパワフルなキャラクターで、」
吉田 「やりたいようにやってる人を想像してしまうですが・・・」
大野 「笑」
吉田 「そんな感じなんですか?」
大野 「まぁでも、すごいさっぱりした人ですよ。」
吉田 「あー・・・確かにその感じは、」
吉田 「大野さん本人からもかなり伝わってきますよ。」
大野 「笑」
吉田 「きっとお母さんもそうだろうという気がしてきますが。」
大野 「えー。」

吉田 「さて、今日はさっき言った新曲の発売日なんですけど、」
吉田 「ここで音楽の方を先に聞かせていただいて。」
大野 「あっ。」
吉田 「この後、お話を聞きたいと思うんですけど。」
大野 「はい。」
吉田 「よろしいでしょうか?」
大野 「OKです。」
吉田 「それでは曲紹介の方、よろしくお願いいたします。」
大野 「あい。嵐で『きっと大丈夫』!!」


♪ きっと大丈夫 ♪

〜 CM 〜


吉田 「引き続き、嵐の大野さんにお付き合い頂いております。」
大野 「おい!ど〜も〜!」
吉田 「よろしくお願いしますね・・・笑」
吉田 「毎回あの〜不思議なんです!さっきも!!」
吉田 「こっからスタートしたぞってなると一番上から入ってきて、」
吉田 「その後・・・あがったりさがったりが激しい。笑」
大野 「えぇ。激しいっすねぇ。えぇ。」
吉田 「ということでね、こっからリスナーの質問・・・」
吉田 「答えていただくところなんですけど。」
大野 「おい〜っ!」
吉田 「おハガキ『大野さんへ質問です。大野さんは好きなタイプを
吉田 「漫画のキャラクターで例えると誰ですか?』」
吉田 「『ちなみに私は、アニメですけどガンダムシードの」
吉田 「キラヤマトがタイプです。』」
大野 「わからんな・・・。」
吉田 「さっきの話だと、ドラゴンボールしか・・」
吉田 「ほとんど読んでないに近いんですよね。」
大野 「ううーん・・・。」
吉田 「ドラゴンボールの女性キャラから、好みのタイプを選べとなると、」
吉田 「選択肢少ないですからねぇ。」
大野 「えぇ。ブルマと!?あと・・・チチ!?・・・・・(しばし沈黙)」
大野 「・・・しかいない!!笑」
吉田 「笑 あえて選ぶなら、この二人のどっちからから選ぶみたいな。」
大野 「じゃあ・・・・・チチ!!」
吉田 「チチ!!」
大野 「ブルマ!!」
吉田 「笑 この選択肢じゃねぇってことですかね。」

吉田 「次いきます。おハガキ『忙しく休みはあんまりないと思うんですけど、
吉田 「休みがとれた日は何をして過ごしてるんでしょうか?』」
大野 「もう〜最近はずっと・・・趣味ばっかやってますね。」
吉田 「趣味、何すか?」
大野 「フィギュア作り!」
吉田 「え?・・・ほんっとに結構大変ですよねぇ?」
大野 「そう。最近はフィギュア作りですねぇ。」
吉田 「へぇ〜。フィギュア作りって言っても、」
吉田 「作る人になるとメーターもの作る人もいれば、」
吉田 「10センチ、20センチのものを作る方もいますけど。どっち派ですか?」
大野 「僕こんな、ちっこい人物で。」
吉田 「モチーフはどんなんですか?」
吉田 「普通に、背広着てるおじさん作っても面白くないですよね!?」
大野 「黒人、作ってますね。」
吉田 「笑 なんすかそれ!」
大野 「黒人の顔。」
吉田 「顔だけ作ってるんですかぁ?」
大野 「顔だけ・・・今回は。」
吉田 「今回は、顔だけ作ってて。」
吉田 「誰かモチーフはいるんですか?似せてるとか?」
大野 「いや、誰もいないです。勝手にもう・・・想像で粘土で作って・・・」
大野 「すごい面白いですよぉ。」
吉田 「作ってる事自体が。」
大野 「えぇ。毎日、休みの日朝までなっちゃう。」
吉田 「本当に、自分のためだけの純粋趣味ですね。」
大野 「まぁ友達とやってますけどね。」
吉田 「あっそうなんですか!?」
大野 「うーん。」
吉田 「教えてもらったりとかしながら?」
大野 「教えてますねぇ。」
吉田 「むしろ教えてる方なんだぁ!」
大野 「笑」

吉田 「ということで、ここで先ほどかけた5月17日にまさに今日ですけども、」
吉田 「これ聴いて、朝レコード屋さんに行くと並んでる状態だと。」
大野 「ほぉ・・・すごい!」
吉田 「思うんですが、タイトルが『きっと大丈夫』!!」
大野 「『きっと大丈夫』!」
吉田 「はい、それが5月17日に発売になりまして、」
吉田 「その後・・・今年も夏にツアーが。」
大野 「ありますね。」
吉田 「始まりますね。」
大野 「はい。」
吉田 「7月9日から8月の30日まで、全国10か所29公演!」
大野 「すごいっすねぇ。」
吉田 「どうしようとかあります?」
大野 「結構5人で、話し合って・・・今まで以上のものを・・・」
大野 「ね、作んないとっていう感じですね。」
吉田 「話し合う時に、大野さんって立場的にどんな感じなんすか?」
吉田 「リーダーとしてものすごい周りを仕切りまくって、」
吉田 「こうしようよってコンサートを決めるほうなのか。」
大野 「僕はもう基本的、もう・・・観衆(監修?)ですよね。笑」
吉田 「笑 今、便利な言葉が出ましたよね。」
吉田 「観衆(観衆?)・・・かなり便利な感じですけど。」
大野 「あんまり仕切ったりしないんで。」
吉田 「特に誰か仕切り屋がいるというわけではなく・・・」
大野 「でもホント、こう全体をの構成を考えるのは、やっぱ松潤とか。」
吉田 「で、それに従って、ちょっとずつ皆細部で」
吉田 「自分のこだわりのあるところをこう・・・」
大野 「やったり・・・アイデア出し合ったりっていう。」
大野 「今までずっとそんな感じでしたね。」
吉田 「そういった会議がこれからもたれるとこなんですね。」
大野 「そうですね。これから・・・えぇ。」
吉田 「7月の9日からスタートして8月の30日までと。」
吉田 「夏休みは楽しみな方も多いと思いますが・・・。」
吉田 「そして今年の夏に17枚目のシングルももうリリースが決まっていて、」
吉田 「そのタイトルが『アオゾラペダル』。そしてこれが櫻井さんの主演映画、」
吉田 「『ハチミツとクローバー』のエンディングソングになっていると!」
大野 「はい。」
吉田 「そして、映画の話がもういっこあって・・・」
吉田 「来年の春公開が決まったそうですが、」
吉田 「嵐主演映画がまたできるというわけなんですが、タイトルが・・・。」
大野 「『黄色い涙』という・・・。」
大野 「これ監督が犬童さん、犬童一心さんで・・・」
大野 「脚本が市川森一さんでしてね。」
吉田 「ものすごいビックネームなんですけど、お二人とも。」
大野 「僕も言ってて、なんか・・・マジかいっみたいな感じですけどもね。」
吉田 「で、そういった話なんですけど実は・・・」
吉田 「明日も来て頂く事になってるんで」
大野 「はいはい。」
吉田 「映画の話はまたちょっと、また明日。」
大野 「わかりました。」
吉田 「ゆっくりお伺いできたらと。」
大野 「はいっ。」
吉田 「というふうに思うのですが、お願い致します〜。」
大野 「はい〜。」
吉田 「今日来て頂いてるのは、嵐の大野さん。」
吉田 「明日もご登場頂きますのでよろしくお願いします。」
大野 「お願いしまーす。」
 

という感じでございましたぁ。
うふふ。大野ママに、ぜひともお会いしてみたいものですわ〜てれちゃう
| かゎゎ | レポもどき(ラジオ) | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジャニーズブログランキング こっそり参加してます!!
 TOMORROW(相葉ちゃん)

J-WAVEの「TOMORROW」・・・、
ラジカセだから録音が出来ないと思ってたけど、
携帯ケータイのボイスレコーダがあったと思って!!!
録音してみたら、結構いい感じ〜にとれましたぁー!!
あまりに嬉しくて!!内容書いちゃおうっとイヒヒ

ではでは、長々といきまっせ〜!!!






相 「ど〜も。相葉雅紀で〜す!こんばんは〜。」
金 「いやぁ〜こんばんは。ようこそいらしゃいました!」
相 「いや〜ありがとうございます。こちらこそ。」
金 「もう本当にね、昨日も言ったんですけどね、お世話になりました。」
相 「いやいや、こちらこそお世話になりましたよ〜。」
相 「最近、すごいらしいですね〜。ちまたでは・・・エアギター。」
相 「この間、さんまさんのやつ出てませんでした?」
金 「出てました、はい。」
相 「ねっ。うわぁ〜すごいなぁ。立派になったなと思いますよ。」
金 「笑」
相 「エアギター。」
金 「ありがとうございます。」
相 「すごいなぁ〜と思って。」
金 「いやぁ〜ありがとうございます。本当に。」
相 「いやいや、そんなことないですけど。」
金 「楽しさを、これからも広めて頂ければなと・・・。思ってないですよね。」
相 「いやいや、そんなことないですよぉ。来年また出るんですか?」
金 「2006年の大会が、そうですね。嵐は出ないんですか?」
相 「嵐はもういいですね。もう・・・もう大丈夫です。」
相 「楽しかったです。やっぱり・・・」
金 「思い出として?」
相 「思い出として頭にね、メモリーとしてね。」

相 「時間はあっという間でしてね、どんどん進行していきたいと思いますね。」
金 「はい。」
相 「今回ね、このコーナー5月17日にですね明日ですね。」
金 「はい。」
相 「ニューシングル『きっと大丈夫』がリリースする、嵐僕らね、」
相 「今日金剛地武志でお送りしたいと思います。」
金 「はい。こちらの企画・・・」
相 「嵐のエア相談!!
金 「はははははーー!!」
金 「そうなんですよ!嵐のね、人生相談。」
相 「あっ人生相談ですね。」
金 「はいはいはーい。」
相 「なるほど。昨日僕、聞いてたんで、大体のことは把握してるんで!」
金 「どのへんのところ?」
相 「いや、だから・・・いきなり筍の話が出てきたり。」
金 「そうなんですよ。」
相 「いろいろ聞いてますからね!」
金 「私もね、こうくるとは思ってなかったんでちょっと・・・」
相 「でも楽しみですねぇ。」
金 「そうなんですね、皆さん悩んでるんですね。」
金 「大東京で一人悩んでる人たちの心を叫びを、」
金 「特殊なマイクで収めて参りました。」
金 「特殊なマイクだったんです。」
相 「笑 どんなマイクですか・・・?」
金 「それでは、今日は相葉さんに答えていただきたいと思います。」
金 「早速参りましょう!」

相談1:大学生活を終わる前に何かやらかしたいんですけど、
   何すればいいですか?

相 「これはすごい難しい・・・。」
金 「何かやらかしたいと。」
相 「ちょっと、金剛地さんは何か今までやらかしたことはありますか?」
金 「え〜とですね・・・、寝坊して現場から電話がかかってきたこと。」
相 「え〜。俺一回寝坊して、もうたぶん6時間くらい寝坊したんですよ。」
金 「うわっ。」
相 「で、来なくていいよって言われたことありますよ。」
金 「うわぁ〜すごいですね。それは負けたわ。」
相 「嵐になってから。」
金 「あら、すごいっすね〜。」
相 「しかも金剛地さんが出た番組。俺一回出てないんですよ〜、あれ。」
金 「ほぉ〜。」
相 「これは相当やらかしたと思いました。」
相 「こんな僕でもね、いろいろね、やってこれてるから・・・。」
相 「やらかしってさ、しようと思ってするわけじゃないじゃないですか!?」
金 「そうですね。」
相 「普通にしてればくるから、きっと大丈夫じゃないかと!!」

♪〜きっと大丈夫〜♪(智くんの美声)

相 「いやぁ〜気持ちいいな、これ。」
金 「そうですよねぇ。」
相 「ええ。なんかねぇ。」
金 「心の底からね、大丈夫なんじゃないかと。」
相 「そうです。」
金 「ありがとうございます。やらかすなんてね気にしなくても・・・」
相 「やらかしますからね。人間ね。」
金 「生きてりゃね。」
相 「そうですよ!」
金 「ありがとうございます。」


相談2:フィリピンはマリアからおこしのニューハーフさん。
 ・相談内容はいまいちよく聞き取れない。
 ・とにかく「嵐のメンバーの中ですきなのは潤ちゃん。」っていうが聞き取れた。
 ・理由は「可愛いから」だそうで。
 ・「普通の仕事がしたい」とか聞こえたような?? 

相 「あのぉ〜申し訳ないんですけど、何言ってるか全然わかんない。笑」
相 「何て言ってたんですか?今??」
相 「私が好きなのは潤ちゃんっていうのだけは聞き取れたんですけど。」
金 「ニューハーフの方で。」
相 「フィリピンの方ですね。」
金 「そうですね、はい。」
相 「・・・何を質問したんですかね?」
金 「何でしょうねぇ〜?この相談は要するに普通の仕事・・・」
金 「をしたいって事ですか。」
相 「あ〜」
金 「店のシステム(ニューハーフさんが言った発音っぽく)でよく・・・」
相 「ものすごいリップノイズがはいってましたね。笑」
相 「へぇ〜なるほどね。普通の仕事がしたいんだ。」
金 「うん・・・どうでしょうねぇ。」
相 「どうです・・・。」
金 「ニューハーフの方ですけども・・・」
相 「だからやっぱり、」
相 「今の世の中仕事できるだけありがたいんじゃないかって思うんですよ。」
金 「そうですよね。」
相 「これはね、きっと大丈夫なんじゃないかと。」

♪〜きっと大丈夫〜♪(智くんの美声)

相 「いやぁ〜ありがとうございますぅ〜。」
相 「すいません、同じパターンで。いっつもいっつも。」
金 「いやぁ〜ホントにね、これ大丈夫じゃないと思いますよ。」
相 「笑」
相 「だって大丈夫って言わないと、曲かけてくんないでしょ!」
金 「そうなんですよ。」
相 「でしょ!!」
金 「相葉さん、ありがとうございました。」
相 「いやいや、こちらこそありがとうございました!」


♪ 春風スニーカー ♪


相 「嵐のニューシングル『きっと大丈夫』のカップリングで、」
相 「『春風スニーカー』です。」
金 「いやぁ〜春風スニーカー。」
相 「はい。」
金 「なかなかこう・・・軽快な。」
相 「軽快ですよねぇ。」
金 「この曲に対する思いなんてございますか?」
相 「これはですね、爽やかな歌だし・・。」
相 「8&4のCMソングで使わせてもらったので。」
金 「はい。」
相 「もうホントに、軽快(制汗かも?)なイメージを持って頂けると嬉しいなと。」
金 「いいですよねぇ。なんかアイドルっていいなぁ〜。」
相 「聞いた感じどうですか?」
金 「まさにそういう雰囲気ですよ。」
金 「私・・・みたいなものがこういう歌をね。」
相 「えぇ。」
金 「もしチャンスがあっても、こういう歌は出来ない!」
金 「38歳・・・9歳になろうとするこの気持ち悪い男はね・・・」
相 「いや、そんなことないですよ。」
金 「これはね地でいってますもんね、嵐の皆さんね。」
相 「笑 そうですね、地でいってますよ!」
金 「いいなぁ〜。」
相 「そんなことないですよぉ〜。」
金 「素晴らしいなぁ〜。」
相 「ぜひぜひね、明日発売なので聞いて頂けると嬉しいと思います!」

金 「そして相葉さんは映画『黄色い涙』、出演なさってる。」
相 「そうですね。」
金 「これはどんな映画なんですか?」
相 「これはあれですよ。1960年代の話なんですけども。」
金 「はい。」
相 「日本の青春時代の・・・高度成長時代くらいの・・・」
相 「で〜・・・なんだっけ?安保条約とか、あのへんの話なんで。」
相 「すごいあれですよ!スタイリッシュな感じなんで・・・。」
相 「ぜひぜひ嵐皆でやるんで、見て頂けたらと思うわけですけども。」
金 「この作品に対してどんな思いですか?」
相 「いやぁ〜すごい楽しいですよ。」
相 「うーん。戦争を知ってる時代らしいです。」
相 「ちっちゃい時に戦争があってっていう。」
金 「たぶん親御さんの世代じゃないですか?」
相 「そうですかねぇ・・・。金剛地さんは1960年代って生きてましたか?」
金 「僕、60年代の後半に生まれてるんですけど。」
相 「あっそうなんですか!?でもまぁ〜きっと大丈夫ですよ!」
金 「ありがとうございます。あっもう出な〜い?」
相 「あっもう出ない。やっぱりね。」

金 「いやぁ〜、楽しい時間はホントにあっという間で・・・。」
金 「最後に一言お別れのご挨拶をなんか頂ければなと。」
相 「そうですね、ホントに呼んで頂いてありがとうございました。」
金 「こちらこそ、ありがとうございました。」
相 「ぜひまた機会があれば呼んでほしいなと。」
金 「またね、エアをね・・・。エア合戦?」
相 「エア合戦、やりましょうよ。」
金 「またやりましょうよ。」
相 「まぁ勝手にやって頂くとして・・・。」
金 「・・・こんな感じでお送りする『TOMORROW』、今夜の六本木junxionは」
金 「明日ニューシングル『きっと大丈夫』をリリースする」
金 「嵐の相葉雅紀さんにお越しいただきました。」
相 「ありがとうございました〜!!」
金 「ありがとうございました。」


ってな感じでございましたぁ〜!!
うふふ〜なんか書いていくのが楽しくなってきたぞ〜チョキ
タイピング練習にもなったりしますしねぇー。
智くんが出演した「ミューコミ」も書いちゃおうかな??

気が向けば・・・イヒヒ

| かゎゎ | レポもどき(ラジオ) | 00:16 | comments(2) | trackbacks(0) |
ジャニーズブログランキング こっそり参加してます!!
 bay storm

本日の「bay storm」の気になった内容を書きたいと思いま〜す!!
えっ??急にどうしたの?っていう感じですが・・・汗
ただ私が、なんとな〜く書きたいから書くだけで。

では、いってみよう!!






■STBYの由来
 うたばんで、歌の台本とやらがあるらしいんですけど、
 その裏に収録のスケジュールが書かれてあるそうで、
 嵐のSTBY(10) 嵐(60) 次のアーティストのSTBY(10)ってな具合に。
 ()内は時間のことで。
 で、「今、何やってるの?」とマネさんに聞いたところ・・・
 「今、STBYさんがやってます」っと言ったそうな。
 STBYってのはスタンバイっていうことなのに、人だと思ったみたいで!!
 だから、STBYと呼ばれてるらしいですひらめき

□「NA!NA!NA!」がフルで流れたよ!!
 初めてフルで聞きましたわ!!
 翔君のラップがねぇ〜なんか超軽快ですねぇポッ
 うんうん。全体的に軽快な曲なんだけど、さらに軽快!!!

■二宮さん・・・家のドアの位置を忘れる時があるとか!!!汗
 ニノの家の戸は、ふすまみたいな引き戸が多いらしいんだけど、
 それがよけられないと( ̄□ ̄;)!!
 トイレに行くと右側にふすまがあるらしいんだけど、
 それがちょっとでも開いてると・・・左側にぶつかっちゃうらしいですわ!
(↑ちょっとこのへん合ってるか微妙だけど。)
 なにそれ???おいおいたらーっ
 忘れないためには、STBY「メモをとればいい」っと。

■STBYさんは、アメリカのミネソタ州に4年ほどいたそうな!!
 なんでも英語を学びに。
 英語が多少わからなくても、笑っていればいいそうで!!

■ニノはハリウッドでほとんど英語をつかっていないっと。
 「真剣に日本語を話すと通じる」らしいですわ!!!
 ほんとかな(;¬_¬)??
 ・・・あっでも、実際に通じてたんだよね!!!

□「きっと大丈夫」2番までだったよ・・・。
 ついついサビ部分を踊ってしまう、私。たぶん・・・もう完璧さチョキ

■「うらあらし」のコーナー:映画の会見で緊張しましたか?
 緊張とかしない。
 恋愛ものだったら、主役っぽくて緊張するけど・・・ああいうところは緊張しない。
 監督や謙さんがいるから、
 自分のコメントとかはつかわれないだろうと思って喋ってた。
 
■会見での裏話。
 あの会見をしたホテルは、この映画のオーデションをしたところで、
 みんなで懐かしいなといいながら会見場所に行ったそうでひらめき


■「オレってこんな奴クイズ!」
 「二宮和也が普段使っている枕は水色である。○か?×か?」

 正解:× 使っている枕はタオル地っぽいやつで、茶色。
 タオル地のため、スキンヘッドの時はひっかかってしまい・・・
 起き上がれなかったそうでたらーっ
 起きあがる時、首をもっていかれて大変だったみたい・・・。
 危険だったって!!

 正解率:61% おお〜久しぶりに高い数字ですねぇ!!
 で、久しぶりにお宝音源が流れましたぁ〜おてんき
 曲名は言わなかったからわかんないけど・・・
 ニノの声がやたらと可愛いの!!!高くて!!
 うんうん。本当にねぇ、めっちゃ可愛いんですよぉポッ
 ♪〜夢で会いましょう〜♪っていうフレーズが印象的でしたぁ!!


■来週はプレゼントありだそうで!!!
 「きっと大丈夫」のノベルティかな??
 『顔がくずれても、きっと大丈夫』ってやつかなぁ〜てれちゃう


| かゎゎ | レポもどき(ラジオ) | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジャニーズブログランキング こっそり参加してます!!
| 1/1PAGES |